月別アーカイブ: 2017年11月

iPhoneの買取で役に立ったサイト

iphone7sへ機種変更したので、2年間利用したiphone6s64GBを売ろうと思っている知り合いがいました。使い方は、ケースつきでフィルムも貼っていたので、ほとんど傷らしい傷はありませんってことです。
水没マークも問題ないってことです。

知り合いは、ゲオに持ち込もうと思っているようですが、ゲオでの最高買取価格が2万円だったそうです。

で、それ以上の価格にならないように安く買い叩かれるんじゃないかって思っているようでした。

僕もゲオで買取してもらったことはあるけど、この場合、分割の支払いも完了しているし、傷も目立つようなものはないし、水没マークもないので、大きな減額の要素はないんですよね。

だから、それなりの高値で売れるかなって思いました。ただ、店頭で最高買取額2万と謳っているなら、それ以下だろうねってアドバイスしました。
まぁ、具体的には動作確認をするだろうし、初期化してあったとしてもちゃんと待ち受け画面になっているかも確認するでしょう。
細かいことだけど、はじめの国選択なんかになっていたら、設定して、待ち受けになっていない場合は、買取不可になる可能性もあります。

僕的には、ネットでの宅配買取の方がいいと思うとはいいました。

ただ、ネットが広く行われている多くのiPhoneの買取業者を探し出すことができるけど、数が数え切れないくらいあるので、どこで買取してもらうのが正しいのか判断できないという人もいると思います。

iPhoneの買取価格の水準は、買取専門店によって結構変わるというのが実態ですが、ちょっとしたiPhoneの状態の違いでも、査定額は全然変わってきます。

iPhoneの買取価格は、iPhone自体の状態もあるけど、いつのタイミングで売るかによっても大幅に違ってくるんです。

上辺だけの買取店の評価だけをみて、買取店をセレクトすると、後悔することが結構あります。

「iPhone買取の相場価格は、幾ら位か?」さらに「相場を確認するイチオシの方法はあるのか?」ってことも気になると思います。

「iPhoneの買取」方法は、「お店で売る」「出張で買取」「宅配で査定」というやり方に分けられます。

ただ、多くのお店に共通して言えますが、お店に持ち込んでの買取は査定金額が低くなるようです。

iPhoneの買取価格は、買取業者が実際に買取ったiPhoneを売る際に、現在の市場の価格に「何円位の利益を乗せるか」で決まるので、各買取業者で違うことがほとんどです。

なのでiPhoneやスマホの買取に特化したお店に査定依頼するのが賢明です。無用の長物となったiPhoneを高価格で売却し、新規に欲しいものを買うための軍資金にする方が賢明ですからね。

で、iPhoneの宅配買取で僕が役に立つと思ったサイトは、これ→<iphone 買取

 

iPhone買取店の内でも確かな実績を持ち、不安を抱くことなく買取をお願いできる専門店が載っています。

iPhoneの買取を巡るトラブルに巻き込まれないためにも、買取業者を確定するときは精一杯気をつけておかなければなりませんからね。

ホームページの雰囲気だけで、その業者に依頼してしまうと、騙されてしまう事があります。あと店舗ごとで決まった時期に買取キャンペーンを開催し、多くの品を買い取っています。こうした状況の時に査定依頼をすれば、普段よりも高価買取が見込めるのでおすすめですしね。

ネットを駆使したiPhoneなどスマホ買取専門業者方が、高い値段で売れると言われていますから。というのは、施設運営費が削減できるということと、地域を問わず買取を引き受けているためです。

そんなわけで、知り合いにも教えましたよ。

残債ありのiPhoneは売れるの?

友達から使わないiPhoneを買取って欲しいけど、分割金が残っていても大丈夫かな?って聞かれました。
なんでも、
今、手元にiPhone6SとiPhone7があり、
iPhone8Sに乗り換えたいんだそうです。2台とも売りたいけど、iPhone7は分割金が残っているって。おいおい、支払い済ませてから、売るのが筋だろうと思いつつ、一応、調べてみました。友達曰く、なるべく高く買取りして欲しいって。2つとも動作には問題ありません。

ネットで調べてみると、
割賦金の残っているiPhone でも問題なく買取してもらえたってあったんです。
確かにiPhoneを買取してくれる業者はたくさんあるし、ジャンクでもオーケーってところもあるから。『残債ありiphone買取』で検索したら、ヒットするようですが。。。
ただ、数は少ないでしょう。って、当然ですけどね。。。支払が完了していないため、所有権はないわけですから。つまり、売る権利がないことになります。普通のまともな業者なら買取不可でしょう。
僕も、友達には、そう伝えました。iPhone買取の大前提として、支払い完了済って言う業者がほとんどですから。

 

けど、もし買取ってくれるとしたら、もともとの契約者が支払いを済ませてくれれば問題ないんです。

でも、売ってしまったら端末本体が手許にないのに、支払を継続してくれる人というのは、まあ少ないですよね。

元の契約者が支払いを中断してしまい、未払いが続けば、携帯キャリアは契約した端末に遠隔ロックがかけられ利用できなくなってしまうんです。で、この状態のスマホを「赤ロム」っていうんだって。

よく聞きますよね。で、白ロムって言うのあるんですが、これは、電話番号やメアドなどの情報が書き込まれたSIMカードが抜き取られたままの端末のことで、要するにSIMカードを差し込めばすぐに使用が可能なんですよ。

ってことで、この赤ロムスマホを買取る業者はあるんですよね。